他決は無言のクレーム

「他決」それは他社に契約を取られること。悔しい思いをした経験、きっとありますよね。

そんな経験をどう生かすか?これから3回にわたって、一緒に学びましょう!

その55 他決は無言のクレーム

こんにちは。至福太郎です。

今日は、ある不動産屋さんの話です。

その不動産屋さんは三店舗を展開して、地域でのシェアはナンバーワンを取り続けていらっしゃいます。

その社長にお話を聞く機会がありました。

不動産業とは

不動産屋さんの仕事は、売りたい人と買いたい人を仲介するビジネスです。

我々工務店は、会社によって作る住宅の質や顔、デザインなど異なります。

しかし不動産情報は、誰が扱っても同じです。

同じ売り物件も、複数の業者が一斉に販売しています。

不動産は、二つとして同じ物件はありません。

唯一の不動産を早く売却契約した業者が勝つ世界です。

他決=クレーム

ここの社長は、不動産仲介競争に敗れた場合、すなわち、他社で契約された場合、クレームだと判断されています。

いえいえ、我々住宅業界のように、工事に対するクレームではありません。

同じ不動産物件の仲介競争ですから、他決されたのは、自社のサービスに対するクレームだと判断されているのですね。

そして、他決されたお客様の家へ菓子折を持って、お伺いされているようです。

「この度は、至らぬところがあってご迷惑をかけました。

差し支えなければ、どのようなところがご不満でしたか?」

と、聞きに行かれています。

このような態度、心掛けが、地域ナンバーワンに押し上げているのですね。

他決から学ぼう

我々工務店も、他決は物を言わぬクレームだ、と判断して、正面から取り組むことで、飛躍の階段を登れる足がかりにしたいものです。

今日のお話はいかがでしたか?

実は、このお話に続きがあります。

またの機会にお目にかかれれば幸いです。

ではまた。

Copyright© 地域No.1工務店への道 , 2021 All Rights Reserved.