「チラシ」が「チラカシ」に

集客ツールとしてメジャーな「チラシ」ですが、本当に効果があるのでしょうか?

市場の変化が目まぐるしい今。もっとも効果的なツールとは何か?参加費無料の勉強会を開催します。

「チラシ」が「チラカシ」に


こんにちは。至福太郎です。

今朝の新聞にも、数枚の折り込みチラシが入っていました。

スーパーのチラシ。

学習塾やパチンコ店。

不動産情報。

これらの折り込みチラシは、どの程度効果があるのでしょう?

もちろん効果があるから、事業者は大量に新聞折込を続けているんでしょうけどね。

時々、リフォーム会社のチラシも見受けられます。

スーパーと同様で、価格の安さで勝負しているようです。

新聞の折り込みチラシは、ある種、中毒のようなもので、続けていたチラシを辞めると、「あの店、潰れたんじゃない?」とウワサされる、そんな恐怖があるそうです。

だから、辞めるのに辞められないのかもしれません。

チラシの効果

集客の大前提に、「知ってもらう」ということが必要です。

お客さんは、知らない人から買う、という冒険は、まずしないですからね。

知ってもらうためには、折り込みチラシを続けると、一定の効果が期待できます。

でも、その期待と効果のバランスは、どうなんでしょうねえ。

新聞の購読者数は、減少の一途のようです。

だから、折り込みよりも、ポストインを選ぶ会社も多くなってきました。

ポストを開けると、毎日毎日、束のようなチラシです。

ポストに投函する、専門の業者さんも多くいて、依頼された数種類のチラシを束にして投入しています。

こちらも、費用と効果のバランスは、決していいとは思えません。

「チラシ」が「チラカシ」になっているケースが数多く見られますものね(=_=)

消えた無料冊子、時代はSNS?

そういえば、無料配布の小冊子も、あまり見かけなくなりましたね。

地域によっては、5種類も6種類もの無料誌が乱立していました。

もう20年以上も前ですが、私も利用していた時期があります。

無料誌の枠広告に、「小冊子プレゼントする」という作戦です。

この方式も、いまだに時々見かけますが、ほとんど影を潜めてしまいました。

「そりゃあ、ネットの時代だから、SNSを利用しない手はないだろ!」という声が聞こえてきます。

ネットこそ、戦国時代、真っ只中!(◎_◎;)

砂浜で、一粒の砂を選んでもらうような行為に思えます。

ベストな集客ツールとは

じゃあ、何が一番いいんだろう?

その解を求める勉強会を、8月7日 金曜日 夜7時からZOOMでやります。

参加希望の方は、以下からお申し込みください。

お申し込みはこちらから

お待ちしています!

Copyright© 地域No.1工務店への道 , 2021 All Rights Reserved.