コロナ後に変わる世界 社員の幸せを50個考える

コロナの影響で、私たちの社会は大きな変革の中にあります。

働き方、給与や雇用、収益方法そのものが見直されています。

そんな中、考え直すのは「社員の幸せ」であると提唱する方がいます。

その52 50個の幸せ

こんにちは。至福太郎です。

先日の日経新聞の取材記事です。

M&Aで有名な、日本電産の永守会長の対話が載っていました。

永守さんは小さなモーターの製作会社を、世界一に育てた方で有名ですね。

その経営は、M&Aで他の会社を買収して、自社に同化させるということで、規模を拡大されてきたようです。

たった3人で創業した会社は、今やモーター事業で世界のトップシェアを握るまでに成長し、

個人資産でも、日本の長者番付は6位だそうです。

スゴイ人ですねえ。

そんな永守さんが、コロナ発症の今を語っておられます。

コロナで変わる景色

以下、日経新聞の記事より抜粋します。

「コロナ終息後は、全く違った景色になる。

テレワークをどんどん取り入れる、劇的な変化が起きる。

東京都内の会社に勤める人が、山梨県に仕事部屋のある広い家を建てるようなケースが増えるだろう。

企業は、通勤手当を無くす代わりに給与を上げるほか、サテライトオフィスを作るなど、抜本的に環境を改善すべきだ。」

そして続けて、

「利益を追求するだけでなく、自然と共存する考え方に変えるべきだ。

地球温暖化がウィルス感染に影響を及ぼすとの説もある。

自然に逆らう経営はいけない。

今回は、戒めになったはずだ。

50年、自分の手法が全て正しいと思って経営してきた。

だが今回、それは間違っていた。

テレワークも信用していなかった。

収益が一時的に落ちても社員が幸せを感じる、働きやすい会社にする。

そのために、50くらい、変えるべき項目を考えた。

反省する時間をもらっていると思い、日本の経営者も自分の手法を考えてほしい。」

社員の幸せ

このように語っています。

すごいですねえ。

「収益が一時的に落ちても社員が幸せを感じる、働きやすい会社にする」

そのために50くらい変えるべき項目を考えておられるそうです。

私たちもいい機会です。

社員の50個の幸せを考えてみたいと思います。

今日は、日経新聞の取材記事から引用させていただきました。

ありがとうございました。

 

Copyright© 地域No.1工務店への道 , 2022 All Rights Reserved.