コレに決めた!

田舎暮らしを志し、さっそく一軒の古民家を視察に行きました。

家づくりのプロとして、あれやこれやと判断基準をリストアップ。しかし、そこで出会ったのは…

その65 コレに決めた!

こんにちは。至福太郎です。

比較的、地震発生の少ない地域で、あまり不便でも無いところで、空気の綺麗な静かな環境。

そんなイメージで、空き家を探し始めました。

人口の流入を促進しているところは、補助金を出している役所もあるようです。

農作業とは全く縁遠い私は、一般的に想像される田舎暮らしを想定している訳ではありません。

あまり不便な地域では、インフラの心配もあり、買い物や医療施設のこともあります。

ひょっとして、近所づきあいの煩わしさもあるかもしれません。

ある古民家に辿り着く

そんないろんなことを妄想しながら、兵庫県中央部の、ある古民家を視察に行きました。

環境を考えながら、家の診断です。

近くに川があって、氾濫しないか。

土砂崩れの心配は無いか。

冬が寒い地域ではないか。

そんなことを考えながら、一軒の空き家の前に立ちました。

築五十年の大きな家です。

本瓦葺き・入母屋の堂々とした家です。

でも、空き家になって数年以上経っているのか、けっこう、手入れが必要な感じです。

住宅建築は本職なので、耐震補強とか、断熱、設備の入れ替えなど、ボンヤリ考えていました。

まさかの即決!!

その時、元気のいい子供の声が、

突然背後から「こんにちは (^O^)!」

私も思わず「こんにちは!」と答えて振り返ると、

小学校四年生ぐらいかな、と思える男の子が立っていました。

そしてもう一人、近くに居た同学年と思える男の子も同じように、「こんにちは!」と元気に挨拶です。

『こんな明るい子供たちが、元気に暮らしている。そんな村なんやなあ・・・(´▽`)』

私はもう、この地域が気に入って、中も見ずに、この家を買おうかな、と決めました。

Copyright© 地域No.1工務店への道 , 2021 All Rights Reserved.